モーターボートは免許不要で操縦できる?

モーターボート免許(小型船舶免許)は、モーターボートやジェットスキーなどの動力船を運転する際に必要な資格です。これは、船舶の安全な運航を保つために導入されました。モーターボート免許を持っていることは、水上での安全運転が保証されていることを示し、法的にも要求されることがあります。

 

免許不要のモーターボートとは?

1級小型船舶免許または2級小型船舶免許、水上オートバイ免許(特殊小型免許)。これらの免許は法律で定められた船舶を操縦するために必須です。

一方で免許不要のモーターボートもあります。以下参考にしみてくださいね。

1. 長さが3メートル未満であるもの(登録長)
   ※注:「登録長」は、概ね「船の全長×0.9」となります。(なお、船型によって「登録長」の定義が異なりますので、詳細は運輸局等にご確認ください。)2. 推進機関の出力が1.5kw(約2馬力)未満であるもの

3. 直ちにプロペラの回転を停止することができる機構を有する船舶、または、その他のプロペラによる人の身体の傷害を防止する機構を有する船舶
   例)非常停止スイッチ、キルスイッチ、遠心クラッチ、中立ギア、プロペラガード等 →これにより、例えば、上記3の機構を有する
     エレキモーター(出力1.5kw未満に限る)のみを使用して3メートル未満の船を利用する場合には、免許は不要になります。
   (※1.5kw未満のエレキモーターのみでも船の長さが3メートル以上である場合は免許が必要となります。)

参考:小型船舶操縦免許の制度(国土交通省)

 

 

モーターボート免許を取得するためにはどうすればいいですか?

モーターボート免許を取得するためには、通常、次のステップを踏む必要があります。

  1. 学習:まず、モーターボートの運転に関する基本的な知識を学ぶ必要があります。これには航行ルール、安全な操縦技術、救命技術などが含まれます。
  2. トレーニング:学習後、実際にモーターボートを操作し、実地訓練を受けることが一般的です。インストラクターによる指導を受けることで、安全な運転技術を習得します。
  3. 試験:トレーニングの後、モーターボート免許試験を受験します。試験には、学習した知識と実地訓練で身につけたスキルが問われます。
  4. 免許証の取得:試験に合格すると、モーターボート免許証を取得できます。この免許証は、運転時に携帯する必要があります。

モーターボート免許の必要性は何ですか?

モーターボート免許の必要性はいくつかの点で重要です。

  • 安全性:免許を持っていることは、水上での安全な運転技術を証明するものであり、他の船舶や水泳者、自然環境へのリスクを最小限に抑えるために重要です。
  • 法的要件:多くの国や地域では、一定の船舶のサイズやエンジン出力を持つ船を運転する際には免許が法的に必要です。免許を持っていないと罰金や法的な制裁が課せられることがあります。
  • 保険:一部の保険会社は、モーターボート免許を持っている場合に保険料を割引することがあります。免許を持つことで、保険料を節約できるかもしれません。

モーターボート免許の取得費用はどれくらいですか?

モーターボート免許の取得費用は、地域や免許の種類によって異なります。一般的には、学習教材やトレーニング料金、試験料金がかかります。また、免許の種類によっても費用が異なります。詳細な情報は、免許を取得したい地域の担当機関に問い合わせることをお勧めします。

モーターボート免許を取得することは、安全なボート運転を確保し、法的な要件を満たすために重要です。ボート愛好者にとって、安全な運航と規制順守は常に優先事項です。

ボート遊び、釣り遊び関連情報

あわせて読みたい

  数多くの釣り人から選ばれ、愛用されているシマノ(SHIMANO)の釣具! 製造技術の進化、デザインの感性など心躍る製品作りが特徴のシマノ(SHIMANO)。 以下で釣具商品の人気ランキングTOP10を[…]

シマノ(SHIMANO)の釣具 人気ランキング
あわせて読みたい

海釣り、バス釣りなど海や湖、川で釣りをするときに大活躍する釣りボート! 今回の記事では安全性、耐久性などにこだわった高品質の釣りボートを3つ厳選しました。 釣りをするなら、安全性やタフな素材で作られたボートを選ぶことが重[…]

釣り用ボートおすすめ3選
あわせて読みたい

ボート遊びは、陸上では味わえない非日常を体験できる特別な趣味です。 しかし、その魅力を十分に理解している人は少ないかもしれません。 そこで今回は、初心者から上級者まで楽しめるボート遊びの魅力を10個ご紹介します。 […]

 

 

\小型船舶免許の動画学習/
小型船舶免許の動画学習