【衝撃の事実】海でのレジャー 紫外線対策に日焼け止めを使ってはいけない?

海でのレジャーが大好きな人は多いですよね。

小型船舶操縦士の免許を取得する方は特に海へのこだわりは強いものです。

 

夏の日差しは強烈ですから、紫外線対策として日焼け止めを塗ると思いますが、ここで衝撃の事実があるんです。

それは「日焼け止めの成分が海の環境を汚染し、海洋生物や人体に悪い影響を与えている」とのことです。

参照

 

 

紫外線吸収剤が入っていない日焼け止め

日焼け止めの成分について何も考えていなかったので、上記の事実には本当に驚きました。

海のレジャーを愛する方は、海の環境も考えて日焼け止め商品を選ぶ、という行動が大事になるかもしれません。

 

日焼け止めを選ぶときは「紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶ」ことを心がけてみてください。

以下3つの成分が入っていない商品を選んでみてくださいね。

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-3

 

日焼け止め 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)

 

よく読まれている記事

衝撃!

  小型船舶免許を取得するには当然のことながらお金がかかります。がんばって働いて給料を稼ぎ、そこから免許取得費用を貯めていく。でも、なんとか出費を抑えることはできないものか? 今回の記事では以下の内容について解[…]

小型船舶免許 取得費用を安くする方法、臨時収入を得るおすすめの方法!

日焼け止めを塗る以外に日焼けを防ぐ方法

それはUVカット効果の高いラッシュガードを着ること。これに尽きます。

  • フード付きのもの
  • 下半身にはスパッツタイプのもの

などが用意されていますので、顔や手以外の日焼け防止にはラッシュガード活用がおすすめです。

 

 

ということで、海の環境問題を考えた行動というのは今後も私達に求められます。

海のゴミ問題、海の環境を壊す化学物質製品問題。これらを意識しながら、楽しいマリンレジャーを楽しんでいきましょう!

 

 

脱ぎたくなる美肌【脱毛サロン KIREIMO】キャンペーンがすごい!