記憶喪失になっても忘れていはいけない結婚・婚約指輪の【エクセルコダイヤモンド】

(今回の執筆担当)かんな:まだ若い中性的な女性。紫がよく似合うおっとり屋な使い魔。美しい髪と虚ろな瞳を持つ、礼装を纏う美しいイタリア人。

文系頭のわたしのために日々見聞を下調べしています!

お役に立つかわかりませんが、ご覧くださればと思います☆

以下興味を持ったもののまとめです。

エクセルコダイヤモンド

結婚・婚約指輪の【エクセルコダイヤモンド】

圧倒的高品質ダイヤモンドで選ぶなら結婚指輪、婚約指輪の
エクセルコダイヤモンド

■エクセルコダイヤモンドのポイント
世界的スタンダードな「ブリリアントカット」の生みの親

ダイヤモンドブランド調査(アメリカ)で
圧倒的1位を獲得したベルギーのエクセルコ社のトルコスキーのブランドです。

1919年研磨技術の名門トルコウスキー家の4代目であり、
数学者でもあったマーセル・トルコウスキーが、
ダイヤモンドを最も美しく見せるといわれている、
「アイディアルラウンドブリリアントカット」を発明。

ダイヤのカット

通常は58面体でカットするがエクセルコダイヤモンドの57面体。
通常はカットしてしまうダイヤの末尾が精工にとがった状態になることで
反射形状が変わり輝きが変わります。

また、最高級の原石から仕入れることができるエクセルコ社の
ダイヤモンドを使用しているため輝きが違います。

プロポーズ専用リングにバラを添えて・・・ROSE BOX

最愛の人へダイヤモンドでプロポーズ。
その瞬間の輝きを永遠にしてくれる”EXELCO ローズボックス”

11本のバラは「最愛」の意味。
10本のバラがセットされたローズボックスに誓いを託した
ダイヤモンドをセットすることで初めて11本のバラが揃い、
パートナーに贈る「最愛」という意味が生まれます。

▼もっと詳しく知りたい方はこちら▼
エクセルコダイヤモンド
結婚・婚約指輪の【エクセルコダイヤモンド】