CATEGORY

トピックス

【衝撃の事実】海でのレジャー 紫外線対策に日焼け止めを使ってはいけない?

海でのレジャーが大好きな人は多いですよね。 小型船舶操縦士の免許を取得する方は特に海へのこだわりは強いものです。   夏の日差しは強烈ですから、紫外線対策として日焼け止めを塗ると思いますが、ここで衝撃の事実があるんです。 それは「日焼け止めの成分が海の環境を汚染し、海洋生物や人体に悪い影響を与えている」とのことです。 (参照)     紫外線吸収剤が入っていない日焼け […]

SCANDALのTOMOMIさんが1級小型船舶操縦士取得!海釣りが好き

女性バンド「SCANDAL」のTOMOMIさんが1級小型船舶操縦士を取得したと話題になってますね! SCANDALの楽曲はこちら   TOMOMIさんの趣味はもともと海釣りだったそうで、その延長で船舶免許を取得することになったそう。 アウトドア派の女性はかっこいいです☆     TOMOMIさんは4日間、ほぼ徹夜で勉強して免許を取ったということで メンバーのRINAさ […]

アウトドアでの虫よけ商品!コールマン サラテクト ミスト

アウトドアでの虫よけ商品ならコールマン サラテクト ミスト。 コールマン サラテクト ミスト ロングキープ処方で夜まで1日しっかりガード お肌にやさしい4種のうるおい成分配合   ●朝使って夜まで 1日しっかりガード ●独自の虫よけロングキープ処方 ●お肌にやさしい4種のうるおい成分配合(ヒアルロン酸Na、コラーゲン、セラミド、ビタミンC)&ウォーターイン ●汗や水に強く流れにく […]

甦れ、【DIY材料】2×4材ペーパーチューブ【KALQUM(カルクム )】紙管(紙)で軽量

(今回の執筆担当) みさこ:21歳女性。闇がよく似合う慎重派な記者。暗い金髪と輝く瞳を持つ、ジャケットにどう見てもモブなフランス人。 豆知識アップのために毎毎データを調べています! 貢献できるかどうかわかりませんが、ご覧いただければと思います☆ 以下関心を持ったもののまとめです。 ◆KALQUM(カルクム)とは◆ カルクムは、手軽に扱える2×4材料として、誕生しました。 軽量、強度、加工性などの特 […]

海の駅情報!くらしき・こじま海の駅ができましたよ☆

新しい海の駅が岡山県・倉敷市に誕生しました! 「くらしき・こじま海の駅」   風光明媚な瀬戸内海をクルージングする際にはぜひ立ち寄りたい場所ですね。 観光地ですからお店もたくさんあるとのこと。 くらしき・こじま海の駅   小型船舶操縦士の免許を持っていれば、地上の生活とは一味違う世界を体験できますね☆ 瀬戸内にはたくさんの海の駅がありますから、プレジャーボートでの海旅も安心でき […]

【必読】ライフジャケットの着用義務拡大(平成30年2月から義務化されています)

じつは平成30年2月1日から小型船舶に乗船するときにはライフジャケットの着用が全面義務化されています。   その理由は海難事故による死亡を防ぎ、命を守りたいから。 ライフジャケットを着用すると生存率が2倍以上にもなるそうです。 https://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html   小型船舶に乗船するときは必ずライフ […]

木村拓哉さん、1級小型船舶免許の活用法とは?

木村拓哉さんが1級小型船舶免許を取得し、その活用法に注目が集まっていますね。   今のところ考えられるのは、 フジテレビ特番の「さんタク」で船舶操縦の腕前を披露する ドラマの配役で船を操る。おそらく漁師として働くのでは(笑) プレジャーボートで世界海洋クルーズに挑戦する なーんてこともありそう。   木村拓哉さんが船長となり、プレジャーボートを操っているシーンはかっこいいですし […]

キムタク(木村拓哉)が船長に!なんと1級小型船舶操縦士を取得していた

男なら誰しも船長に憧れるのかもしれないですね。 キムタクこと木村拓哉さんもその一人。   2018年6月のラジオ番組にて、1級小型船舶操縦士を取得していたことを発表してました。 ボート免許取得おめでとうございます!   キムタクがボート免許を取得するのはうなずけますよね。 サーフィンがライフスタイルの一部ですし、海とともに生活するならプレジャーボートでのクルージングは必須なんじ […]

新商品!ザ・ノース・フェイスの球体ドーム型テント「Geodome 4」がカッコイイ!

ザ・ノース・フェイスの新商品がそろそろ登場するとの情報をキャッチしました! それは球体型・ドーム型のテント「Geodome 4」です。 アウトドア好きにはたまらない超カッコイイテント!これは一目惚れしますわ。   ドーム型にすることでテント内の居住性が増しているということで、これはアウトドアがもっと楽しくなるポイントですよね。窮屈な空間より、広い空間があれば快適度が全然違うでしょう。 さ […]